所属弁護士紹介

トップページ   >   所属弁護士紹介一覧   >   所属弁護士紹介

パートナー

黒田 愛
黒田 愛 Ai Kuroda
  • 関連トピックス
  • 関連法律コラム

経歴

平成 元年  3月
関西学院大学法学部 卒業
平成  7年  3月
最高裁判所 司法修習 修了(47期)
平成  7年  4月
弁護士登録(大阪弁護士会)
平成  7年  4月
久保井総合法律事務所入所〔~平成14年3月〕
平成18年  5月
オクラホマシティ大学ロースクール 卒業 (JD)
平成18年10月
大橋&ホーン法律事務所勤務(ニューヨークオフィス)〔~平成21年1月〕
平成18年11月
ニューヨーク州司法試験合格
平成19年  1月
ニューヨーク州弁護士登録
平成21年  2月
久保井総合法律事務所に復帰
平成25年  4月
経営革新等支援機関認定

現任・所属

  • 日本弁護士連合会 ハーグ条約に関するワーキンググループ委員
  • 大阪弁護士会 国際委員会 委員
  • 公益社団法人 民間総合調停センター 運営委員
  • 大阪弁護士会 会員サポート窓口運営委員会
  • 日本仲裁人協会 理事〔平成29年3月~〕
  • IPBA(環太平洋法曹協会)
  • ABA(全米法曹協会)
  • 国際商取引学会
  • (株)上組 社外監査役〔平成29年6月~〕

主要著書・論文

  • 『Q&A, 訪問・通販・マルチ等110番』(共著 民事法研究会)
  • 『米国裁判判決を考える-最近の知的財産権をめぐる判決』
    (企業概況ニュース No.100, 102, 104, 106, U.S. Japan Publication N.Y., Inc.)
  • 「国境を超える法律業務のニーズと実態、国際的業務の実態・依頼のルート・ニーズ・困難さ・やりがい-渉外家事事件について」(自由と正義63巻11号(2012年11月号))
  • 「金融機関からの質問に弁護士が答える 預金拘束実務Q&A」(共著 銀行法務21No.755)
  • 「弁護士は民事裁判をどう見ているか(調査結果の分析)」(分担執筆 自由と正義64巻8号(2013年8月号))
  • 『特許審決取消判決の分析 事例からみる知財高裁の実務』(共著 商事法務 別冊NBL148号)
  • 「相続預金の最高裁大法廷決定までの経緯と意義」(共著 金融法務事情2061号)

弁護士からの一言

大きな視野で物事を捉え、かつ、一つ一つの事実を大切に積み上げていく、常にこの二つを念頭におき仕事をすることを心がけています。

  • トピックス
  • 法律コラム
  • 関連リンク